武蔵野市のインプラントをメンテナンスで長持ちさせる

サイトマップ

インプラント

従来の治療とインプラント治療の違い

インプラントとは、歯を失った箇所にチタン素材でできた人工の歯根を埋め込み、そこに人工の歯を被せてなくなった歯を補う方法です。他の治療法と比較した際どのようなメリットがあるのでしょうか。
歯が中間で1本抜けた場合、従来の治療は両隣の歯を削りブリッジにします。これだと健康な歯を削らなければならないのと、支えている両隣の歯にも負担がかかります。インプラントは抜けた部分にだけ人工歯を取り付けることができます。強い力で噛め、自分の歯と区別がつかないくらい治療の後がわかりません。歯と歯の間で数本抜けた場合は、従来の治療は取り外しのできる部分入れ歯にし、バーや留め金を左右に渡し固定します。そのため口の中にバーや留め金の異物感が残ります。インプラントは数本を埋め込み、インプラント同志を連結します。固定するバーや留め金が不要になり、口の中もスッキリし、口臭も減ります。歯が全て抜けた場合は、従来の治療は取り外しの総入れ歯にし、部分入れ歯と同様に異物感が残ります。インプラントは連結された維持装置に入れ歯を固定します。そのため入れ歯が安定し、口の中で動いたり、外れたりすることはありません。
しかしインプラントは保険適用がなく費用が高額になり、手術を伴うデメリットもあります。それでも残った歯に負担をかけずに治療が出来る唯一の方法です。メンテナンスをきちんと行えば半永久的に状態を保つことができます。

TOPへ