武蔵野市のインプラントをメンテナンスで長持ちさせる

サイトマップ

インプラント

インプラントを始める前に

インプラントとは歯の体内に器具を埋め込むことで健康な歯と同じような機能性を取り戻す治療方法です。インプラントが必要になった時、殆どは歯科医師の判断に任せることが多くなります。そこでインプラントはどのような症状の時に勧めらえるのかということを知っておくと、いざという時には選択肢を増やすことが出来ます。
インプラントの必要性がある人は、歯の損傷を抱えた人に勧められる治療方法です。例えば事故で前歯が損傷して失くした場合や、虫歯の抜歯で歯が抜けている場合にも有効です。また入れ歯をしているけど歯の隙間に食べ物が挟まるという場合にも利用出来ます。対象年齢は老若男女共に利用できる治療法ですが、入れ歯が原因によるインプラントの治療を利用する人は必然的に年配層が多くなります。
費用は最安値が10万から最高値が50万までとなっています。保険が適応される治療と比較した場合にもデメリットとしては、インプラントは現在では保険適応外の治療法のために入れ歯よりは高額な料金が必要になります。メリットは、治療期間は長くかかりますが歯の審美性を重視する場合にも選ぶべき治療方法のうちの1つです。インプラントの治療は手術を用いることになりますが、持病やアレルギー症状とも相談する必要があります。

TOPへ