武蔵野市のインプラントをメンテナンスで長持ちさせる

サイトマップ

インプラント

インプラント治療と医療費控除

インプラント治療は健康保険が適用されませんが、医療費控除の対象にはなっています。医療費控除は多額の医療費が必要であった人に対して、所得税の一部の還付する制度で10万円以上から210万円までの医療が必要であった場合が医療費控除の対象になります。所得税をいくら払っているかのよって還付される税額は変わってきますが、事実上はインプラント治療費を安くすることができる制度です。
インプラント治療は一本の歯だけの治療であっても数十万円、複数本の歯の治療であれば数百万円の治療費がかかる治療ですので、対象となる人は医療費控除を忘れずに確定申告しましょう。日本の所得税は累進課税制度となっていますから、医療費控除も所得税をたくさん払っている人の方が還付も大きくなります。累進課税制度で最高課税は40%ですから、実質的にインプラント治療費を40%安くできることになります。
ただし、医療費控除はあくまで所得税の還付ですから所得税を納付していないと還付されることはありません。医療費控除は実際に必要であった治療費のほかにも交通費なども控除の対象になるので、どのくらいの費用が必要であったかをしっかりと記録しておきましょう。

TOPへ